天然砥石 奥殿本巣板巣無梨地昭和中期以前手挽き

奥殿本巣板巣無梨地昭和中期以前手挽き と有ります。

ほぼ鏡面まで行きますね。薄曇り系と言うのでしょうか。

研いだのは、白紙の包丁です。

仕上げにいいです。硬め オリも悪くないです。
天然砥石特有の鋼の部分が鏡面で合わせてある軟鉄部分は曇るので刃紋のように模様が浮かび上がります。そしてカエリもあまり出ず仕上げやタッチアップをするのにいいですね。

革包丁でタッチアップや仕上げに使うにはこの大きさで十分です。

裏を見ると分る人には産地など分かるようですが僕はそこまで詳しくないです。
最後の写真のように、気に入ったらこのように台に貼り付けて使うと使いやすいですね。
コンクリートの輪留めとかを貼り付けるボンドのような奴で平らになるように貼り付けると良いと思います。

¥ 3,300

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 佐川急便

    全国一律 550円
通報する

ショップの評価