ハンドプレス機とは | 五助屋レザー

2016/07/26 15:17

趣味で使うためのアイテムとしてはかなり高額である。

しかしながら、開発し販売開始からかなりの数が出ている。皆様から届く驚きと感謝の声を聞くと、開発で苦労したことも、良い思い出になる。

この機械は、レザークラフトを行う際にはどうしても避けて通れない音、騒音を一気に解消してくれるマシーンである。

さまざまな道具があるが叩き込む作業が多いのがレザークラフトの特徴だ。

縫うために穴を開ける。金具を打ち付ける。刻印を打ち込む。これらの作業がほぼ無音で行えるのだ。

マンションやアパートであれば特に夜間の作業などは出来なかったであろう。

中には自分の車の中へ道具を持っていって作業をしていたなどと言う苦労話も聞いたことがある。

騒音と言うのは歓迎されるものではないし、楽しいはずの作業で近所とトラブルになるのは誰もが避けたいであろうかと思う。

中には、近年廃業が多く聞かれる革の裁断屋さんがある。高齢化、後継者不足などだ。

こちらのALL-2000も裁断(抜き型を使用する)ことも出来るがこのような場合は裁断専用機であるRP-2000をお勧めしている。

裁断屋さんが廃業してしまったので自社で裁断をせねばならないが、大きな機械を置く場所がないという問題もこの機械で解消されたと聞く。

腱鞘炎で作業を諦めていた方もこれでまた作業が出来るというお話や、レザークラフトだけでなく彫金をされる方からも作業に使えるとの報告を頂き、お買い求めていただいた皆様がさまざまな使い方を発見し発展させていただいています。

数を作らねばならない職人さん。刻印を打つ専用機として

夜間作業しか出来ない皆様、キーホルダーなど量産してイベント出展する皆様、お力になれると思います。